熱帯夜対策

夏本番!熱帯夜の上手な乗り切り方

今年も暑い夏がやってきました。
夏は夏バテをしないためにも十分な休息が必要です。そのためには、質のよい睡眠が不可欠です。

 

しかし、夏の夜、熱帯夜になることはしばしばあります。
汗がだらだら出てきて寝苦しいですよね。

 

そんなときにお勧めなのが、夏用の敷きパッドです。
色々なメーカーから出ていますが、さわり心地もさらさらで、寝転がるとひんやりして気持ちいいです。

 

寝苦しいとすぐにおきちゃう赤ちゃんも、この敷きパッドを使っただけで、朝までぐっすり寝られるようになりました。
原始的ではありますがやはり、直接肌に当たる寝具が気持ちいいとぐっすり眠られます。

 

氷枕を首筋に当てるのもお勧めです。
あまり冷たすぎるとかえって目がさえてしまいますので、タオルなどで心地よい温度にしてから使用してください。

 

また、夏だからとシャワーだけですますよりも、きちんと浴槽につかることも大切です。
湯船につかることで、一日の疲れがとれ、質のよい睡眠へと導いてくれます。
その時に熱すぎると目がさえてしまうので、お湯の温度は39℃から40℃がベストです。

 

冷たい飲み物を取りすぎると、体が冷えてバテやすく、疲れがなかなか取れないこともあります。
体の冷やしすぎには注意しましょう。

 

寝苦しい夜の対策について

 

寝苦しい夜は、クーラーなどを寝る前に温度を低めに設定し部屋を冷やし、寝る時にタイマーなどを設定し、体に負担がないよう温度を上げ寝るという事があります。

 

寝る時の設定温度は、28度から29度くらいでも扇風機を回しながら寝ると耐えれる範囲です。
温度を低くすると寝にくくて気分的にも調子が悪く体調を崩す場合もあるので、クーラーの温度は限界まで高め、プラス扇風機がおすすめです。

 

電気代を節約したい場合や、クーラーによる体調不良が気になる場合は、扇風機のみで対応するのも手です。

 

部屋全体を扇風機の風で、空気を循環させます。
また家の風の通り道を意識し、窓を開けるなどで確保します。
それに加え寝具などを工夫して乗り切ります。

 

枕をクールタイプの冷感枕や、水枕にするのもいいです。
頭全体が冷えるのが気になる時は、熱の時、凍らせた冷却材を中に入れ頭に布を巻くタイプの物は、おでこのみを冷やし長時間持続して冷たく、また繰り返し使えるので節約もできおすすめです。

 

それ以外にもシーツや、掛布団も冷感タイプなどで対策できます。

 

また寝る部屋が夜そもそも暑くなりすぎない様に、昼間窓辺によしずやすだれなどにより置き直射日光をできるだけ防ぎ、夜気温が早く下がるための対策をするのも忘れずにすると効果的です。

 

寝苦しい夜もお金を節約して賢く快眠

 

温暖化の影響で夏は毎年気温が上がり続け、梅雨時期からは、蒸し暑さも加わって寝苦しい夜が本格的な夏を待たずにやってきている地域も少なく無いと思います。

 

実際、私が住んでいる所は一週間に雨や晴れの日を何度も繰り返すので、春と秋が短く一年中湿度の高い日が続き台風はなかなか来ないものの、大雨が降った翌日は、日中は突き刺すように痛い日差しが降り注ぎ、夜は蒸せるように熱く窓を開けていても翌朝、喉が乾いている事もあります。

 

結婚後、ダブルベットを購入しましたがどうしても梅雨から冬までの季節は寝苦しいことがあります。

 

主人は汗かき、私は冷え性なので、掛け布団も異なり冷房だとタイマー設定にしても私が調子を崩すことがあるのです。なので、最近は基本、扇風機をタイマー式にしてそれだけでは当然改善出来ないので寝具を見なおしてマットレスの上に冷感マットを敷くようにしました。

 

ジェル入りのものもあるようですが、大型家具・インテリア店、スーパーだけでなくホームセンターでも体に入るので色々周ってセール時にポイントが使える店舗で購入しました。主人いわく、これだけでも朝に感じる背中の熱気からの不快感が弱まったようだったのでその後涼感のタオルケットも同じような方法で購入しました。

 

それ以外にも保冷剤をタオルでくるんで熱を帯びやすい首の後ろに敷いたりもしています。
色々試した結果、お金は最初こそ使いましたがその後不快感なくダブルベットのまま睡眠をとれているのでいい投資だったと思っています。

 

自然の風と換気扇で涼しくなろう

 

暑くて寝苦しい夜、私は自然の風を有効に使います。

 

暑いあまり、部屋中の窓を全開してしまう人もいますが、それは返って部屋に入って来る風を拡散させてしまうことになるのです。

 

開ける窓はひとつだけ、そして換気扇を利用します。
つまり風の通り道を作ってやるだけでいいのです。

 

まずひとつずつ全ての窓を開けて、一番風量の多い窓を選びます。
どの窓が一番多く風が入って来るかわかったら、部屋のドアを閉めて密封状態にします。

 

そして換気扇をつけます。
換気扇は部屋の空気を外に逃がすだけの働きなので、効率よく窓からの風を引っ張ってくれます。

 

風の強い日は、真夏でもクーラーが効いてるかのように涼しくなります。

 

私は、ちょうど子供が生まれたばかりの頃にこの方法を発見しました。
赤ちゃんにクーラーや扇風機の風は良くない気がして、できるだけ自然の風で過ごさせてやりたかったのです。
そう思って最初は部屋中の窓を全開していましたが、ある時雨が降って、窓はひとつ、それも少ししか開けれませんでした。

 

湿気を逃がすために換気扇をつけると、なんと部屋中がヒンヤリと冷たくなってきたのです。

 

それ以来、夏は窓を開けて換気扇を利用しています。
節電にもなる良い方法です。

 

パジャマにも一工夫すれば少し快適に

 

皆さんは夜寝るときにどんな格好で寝ていますか?
夏になると、Tシャツに短パンという格好で寝ている人も多いかと思いますがいかがですか?

 

私も夏はTシャツに短パン姿で寝ているのですが、昨年からちょっとだけ工夫しています。
それは、Tシャツと短パンを、スポーツメーカーが作っている本気でスポーツが出来るタイプにすることです。

 

もちろん、締め付けがあるタイプではなく、ゆったりと着れるものを選んでいます。(ワンサイズ上のものなども良いかと)
さすがに本気でスポーツをするために作られたウェアーなので、汗の吸収と発散が半端じゃありません。汗をかいてもスグにサラっとしてしまいます。

 

これは、おそらく裸より涼しいと思います。

 

サラっとした化学繊維の着心地は好き嫌いがあるかも知れませんが、熱帯夜の強い味方であることは間違いありません。
特に私のように、エアコンをガンガン効かせて寝ることに抵抗がある方にとってはとても良いと思います。(エアコンを弱くしていても十分涼しいです)

 

そして、朝起きて新聞を取りに玄関先まで出ていったり、ゴミを出したりと、ちょっと外に出なくてはいけないときにこの格好なら恥ずかしくないのでとっても便利。

 

皆さんもパジャマへの一工夫で、省エネと快眠を実現してはいかがでしょうか?

 

アイスノン愛用中

 

我が家はマンションで、夏場は建物自体も熱を溜めているので、猛暑日はエアコンを使用しても全然涼しくなりません。ましてや、両隣も上下階も室外機がフル稼働しているので、熱風でさらに暑く感じます。そんな中でシャワー浴びても汗が止まる事も無く、この状態でベッドに横になっても不快です。

 

ここ数年の酷暑対策として、涼しく感じるシーツや枕カバー、衣類にスプレーして涼しく感じさせるメンソール系の商品等色々試して見ましたが、熱帯夜には無力でした。

 

そんな暑苦しい熱帯夜を乗り越える為に、愛用しているのが、冷風扇とアイスノン。

 

冷風扇は、氷に風を当てて涼しい風が出てくる物で、氷柱に風を当てて冷風を得る感じです。

 

アイスノンはもうずっと昔から販売されている商品です。
気が付けば、いつも冷凍庫に入っていた気がします。

 

この2つをセットで使い昨年の酷暑を乗り切りました。

 

まず、冷風扇で部屋を少し涼しくしてから、アイスノンにタオルを巻いて頭の下と首の下にセットして寝ます。
コレでダメなら、両脇の下にタオルに巻いた保冷剤使ったりします。

 

昨年エコなエアコンに買い替えたのですが、やはり暑いと言ってガンガン回すと電気代が心配。
それにエアコンの風と冷風扇の風を比べたら、冷風扇の方がカラダに優しい気がします。

 

寝苦しい夜の対処法についての考え

 

寝苦しい時の夜は、シャワーを浴びて湯船にはつからずさっと上がると涼しいです。
お風呂に長い間使ってしまうと体が温まって温もって暑く感じてしまいます。もし湯船に入るならクール専用の入浴剤などを利用するのもおすすめです。

 

そして寝る前にクーラーを少しの間だけ付けて涼しくして扇風機を回してタイマーにして深夜までつけておくと眠りやすいです。
寝る前にお水などを飲んで水分補給をしておくのもよいです。
暑くなるとのどが渇いて目が覚めやすいです。

 

布団自体を涼しくするのもお勧めで涼感を得ることができるマットなどを引いていると気持ちよく眠りにつけます。
布団を気持ちよくしておくと意外にすぐに眠りにつけるのです。

 

汗などで気持ちが悪くなりがちなので布団を干したりそれが無理だったら除菌剤を振りかけておくと気持ちが良い状態の布団ができます。
クーラーが体質的に駄目だと言う人は窓を開けて布団を気持ちよい状態にしておくのが良いと思います。

 

クーラーを利用する場合でも長い時間のつけっ放しは体の調子が悪くなるので気をつけなければいけないです。
窓に風鈴をつるして涼しい音を聞くのもお勧めです。

 

暑い日の寝苦しさを解消するには自分に合った方法で体を涼しくさせて寝る事が良いと思います。

 

 

管理人からのひと言

睡眠は、とても大事です。
熱帯夜が続くと、カラダが参ってしまいます。

 

特にうつや更年期障害などの不調で苦しんでいる方にとって、睡眠は大切なモノ。
ただでさえ、不眠と向き合っていかなければならないのですから、上手に熱帯夜を乗り切って欲しいと思います。
うつ 認知行動療法更年期 サプリメント ランキング